誰が戦犯?

結論から書きますと、負けた試合は全員戦犯です。

今回の記事は私の主観ですので賛否あると思いますが、単なる読み物として読んでいただけると幸いです。

MID 10/6/0

ADC 0/6/10

のようなスコアで試合が負けになったとしましょう。一見すると、ADCが全く活躍出来てなくて負けた様に見えますが、私はMIDにこそ大きな責任があると思います。

まずADCは活躍できるはずがありません。KILLは全てMIDに寄っているからです。MIDがKILLを取る事は悪いことではありません。問題は、KILLを持っているにも関わらず試合をcarryできなかった。ということにあります。KILLを取るということを試合をコントロールする責任を背負う事でもあります

“carryできるはずのスコアのプレイヤーがcarryできなかった”

“carryできないスコアのプレイヤーがcarryできなかった”

と書くと分かりやすいでしょう。

加えてこのMIDはDeathが多すぎます。KILLをもっているプレイヤーは集団戦における主戦力です。ましてADCが火力を出せない現状でDeathしてはいけないプレイヤーなのです。

もちろん”レーンでしっかりADCが勝っていれば勝てていた試合”TOP SUP JGが火力を出せるMIDをPeelしていれば勝てた試合”でもありますので、全員が戦犯です。

単にスコアがよかっただけで、”今回は味方が弱かったから無理だった”と考えるのはやめましょう。Carryできる、できないという事は、レートを上げるうえで一番重要なことです。

よくtwitterなどで、”自分のスコアは○○なのに味方が○○で負けた!”と言うような投稿を目にしますが、裏を返せば、”スコアがよかったのにCarryしきれなかった”となりますので、単なる自虐にしかなりません。

スコアが良くて負けた試合こそ振り返る価値があります。

 


PAGE TOP