ジャングラーがレーナーに求めること

ジャングラーの主な仕事は、レーンへのGank、敵の森への侵入ですが、それはどちらもレーナーの少しの意識で成功率を高めることが出来ます。当記事はJG視点で見たレーナーに求めることを書いていきます。



■味方ジャングラーがGankに来た際は必ずベイトを意識しよう

敵のレーナーがあからさまにレーンをプッシュしていて、ジャングラーから入ろうが、レーナーから入ろうが同じ、といった場面も多々ありますが、レーナーが先にベイトを仕掛けないと成功しないGankも同じくらいあります。特にMIDレーナーで重要な事なので、MIDレーンを例に説明します。

MIDレーンは位置の問題でジャングラーの通り道になることが多いです。姿を晒さないことが前提のジャングラーは、味方のMIDがPushしている場合はMIDの後ろ側から通過できますが、Push状況が拮抗している場合は自陣の森を遠回りしなくてはいけなくなります。

その時間を効率良く使うために、MIDへのGankを選択する場合があります。レーン状況が拮抗している場合、ジャングラーからGankを仕掛けていては簡単に回避されますので、ここではMIDレーナーのベイトが必要になります。

具体的には敵のハラスをしやすい状況を与えて、スキルを消費させることと、殴り合えば敵が勝てる状況を作り敵レーナーを前に誘い出す。の2点です。高性能ブリンクを持っているフィズやルブランなどに対してGankを行う際には必ずレーナーのベイトが必要になりますので、常に意識しておきましょう。

また、Gankにあわせるために、常に最低限の体力とマナは保つようにしましょう。基本的にGankはレーナーのベイトから仕掛けたほうが成功率も高く、Counter Gankのリスクも軽減できます。

■味方ジャングラーが敵の森に侵入する際は必ずMIDレーンをPush

味方ジャングラーが森へ入る際にただそれを眺めていませんか?その結果対面のMIDが援護に行き味方ジャングラーがキルされてしまう状況になってしまいます。

勿論、そういった状況で敵の森へ侵入する選択は最善ではありませんが、レーナーにも出来ることがあるということは常に意識しておきましょう。レーンをPushする事で、敵の森の中でジャングラー同士の戦闘になった場合、敵のMIDより早く駆けつけ、さらに敵のMIDレーナーのミニオンをロストさせることが出来ます。
■まとめ

ジャングラーは全てのレーン戦の勝敗を決める上で重要な役割です。
ですが、ジャングラーのポテンシャルを引き出すのはレーナーにも出来ることです。ただGankを待つだけでなく常に味方のジャングラーの動向を確認するようにしましょう。

League of Legendsランキングへ



管理人Twitterへ





PAGE TOP