キャンプが起こる理由

SoloQでは、「○○回Gankをされているのに、味方JGが来てくれない!」など、口論になるシーンを多く見ます。キャンプは、相手JGがそのレーナーに対して嫌がらせをやっているわけでも、味方JGが助けに行かないことで嫌がらせを行っているわけではなく、キャンプを成立させてしまう条件は簡単に作られてしまいます。当記事では、キャンプを選択する理由について考えて行きたいと思います。



キャンプされるレーンの共通点は、Gankを決められてしまったレーン。またはソロキルされてしまったレーンです。なぜそういったレーンはキャンプの標的にされるのか。第一の理由はフラッシュがないからです。フラッシュが無いレーンに対してのGank成功率は格段に上がります。第二の理由は、有利なレーンは敵のCounter Gankが来たとしても既にそのレーナーは相手より育っているので、返り討ちにできる可能性が高いです。つまりGankが成功したレーンは、次のGank成功率が高く、尚且つリスクも少ない、絶好の狩場になっているのです。

そんな場所にわざわざ味方JGが助けに来るでしょうか。そんな場所に行くよりは、まだ負けていないレーンにGankをした方が試合を作っていける可能性は高いです。これが、Gank回数に差が出るロジックで、その原因はGankでキルをされてしまった事に起因します。

LOLというゲームは育っているプレイヤーを更に育てさせることと、負けているプレイヤーをさらに負けされることが有効な戦術です。
ゲーム全体の特徴としても、キャンプは上質な選択と言えます。

■その他のキャンプ基準

タワーダイブをする事で、容易にキルできるチャンピオンは絶好の獲物です。マオカイvsティーモの様なマッチアップの場合一度マオカイを勝たせてしまえば、Gankをする事で、ティーモがタワー下にいようと簡単にキルを取る事ができます。

こういったマッチアップの場合、まだキルが発生してなかったとしても、1度勝たせることで狩場を形成できるため、最初から標的になります。ジャングラーはゲームが始まる前に試合の組み立てを考えるので、その際に”TOPへのキャンプ”をゲームプランとして選択するのは当然の事です。

さらにSoloQ限定の話ですが、プレイスキルに差があるプレイヤーや、Gank回避、視界管理が甘いプレイヤーは標的にされます。SoloQで、レーナー同士のプレイスキルの差が出るのは当然の事で、それを活かしたゲームの組み立てもSoloQならではですが有効な戦術です。

■キャンプを受けないためには

Gankを受けないことが何より重要ですが、それを確実にやろうと思ったら人間離れした感覚が必要になります。現実的な方法を考えるなら、”一番最初のGank”は避けることが重要です。

敵JGの最初のGankでキルを与えることは、味方JGに対してのプレッシャーを与えることになり、味方JGの行動範囲を狭めてしまいます。
敵JGのできることは飛躍的に増加し、味方JGは後手に回ることになります。

最初のGankを回避することで、味方JGは敵の森を荒らす、他のレーンへCounter Gankを警戒せずにGankをする、チャンスを得ます。敵JGのジャングリングルートを予想し、最初のGankの標的になっているのはどのレーンなのか、と言うことを、最序盤に意識するだけでも勝率は上がります。

■TOPはキャンプされて当然のレーン

TOPにキャンプすることで、”敵のテレポートは無い、味方のテレポートはある”という状況を簡単に作ることができます。TOPを大きく勝たせることで、テレポートの有無で差をつけることができ、それはBOTレーンへの有利にも繋がります。このように、TOPを勝たせるだけで、マップ全体のプレッシャーを増大する事ができます。


League of Legendsランキングへ



管理人Twitterへ





PAGE TOP