意外にばれない20分バロン

バロンは出現後、1分後毎に体力と攻撃力を上げていきます。20分の段階で沸いたバロンは最も弱いので、構成次第では素早く狩り終えることが出来ます。20分バロンは敵の虚をつく形で行うため、20分で素早くはじめる必要があります。当記事では、20分バロンを行うセットアップについて考えていきます。

■事前にチームに知らせておく

SoloQでは”○○するから、○○してて欲しい”のような連携は難しいですが、”バロンを20分でやる”と言った明確な目的は共有しやすいため、事前にチームに知らせておけば円滑に事を運ぶことが出来ます。

■バロン周辺の視界を消しておく

バロンが沸くまでは、基本的にバロン周辺にはワードは置かれていません。その理由としては、一番ワードを所持しているSUPが、20分の段階ではまだTOP側の視界を取る事よりも、BOT周辺、ドラゴン周辺にワードを置くためです。

敵のワードが置いてある状態で置いたピンクワードは、敵に察知され、バロンを始める意思がある事を知らせてしまいます。17分程度の、早い段階でピンクワードを置いておくことで、その後に敵のワードが設置された場合、敵が”20分バロンを警戒している”事を察知する事が出来ます。

バロン周辺に置くピンクワードは、”視界を消す”というよりは、”視界が取られていない状態を維持する”ために置きます。

■BOTをプッシュレーンにしておく

BOTをプッシュしておくことで、少なくとも1人はレーンに縛り付けることが出来ます。19分30秒程度でプッシュレーンを作っておくと良いでしょう。BOTに写っているプレイヤーの動きから、敵がバロンをやっていることに気づいているかどうかも、判断する事が出来ます。

■20分バロンが可能な構成

・MIDにライズ、アジールなど単体に対して継続的にダメージを出せるチャンピオンがいる
・JGがキンドレッド、グレイブスなど単体に対して継続的にダメージを出せるチャンピオンがいる
・ADCがコグ=マウや、ジンクスなどのハイパーキャリー

上に挙げたのは一部で、殆どの構成で20分バロンは可能です。ですが上に挙げた構成なら素早く狩ることが出来ますので、レーンで大きく勝っている場合はチームに提案してみても良いでしょう。

■戦略補足

20分バロンは敵の虚をつく戦略です。敵にバロンをやっていると言う疑念を持たせないために、敢えて1人レーンに顔を出しておく。と言う事も効果的です。20分の段階で、全員マップから消えたら、警戒されることは多いですが、JGはマップに写っていない事が多いロールですし、3レーン中、2レーンがリコール中なんてことは、よくある事なので、マップに1人写っているだけでも、20分バロンの意識を敵に持たせない事が出来ます。


PAGE TOP