チャンピオン性能と勝率の関係

ask.fmの方で、私がお勧めしているチャンピオンが勝率が低かったり、高レート帯のプレイヤーが使っているチャンピオンが勝率が低かったりした際に、”なぜ〇〇は勝率が高いのにお勧めしないのか”、”なぜ評価が低いのか”といtった質問を多く受けます。当記事では勝率=強いチャンピオンでは無いということについて考察したいと思います。

強いチャンピオンの定義を”誰でもお手軽に使えて強い”ということをベースに考えた場合は、勝率=チャンピオンの性能になりますが、実際試合を行う上で、”誰でもお手軽に使える”ということは必要のない要素で、自分が使えるかどうかが全てです。チャンピオンをピックする際に、「自分はリー・シンが完璧に使いこなせるけど、使えない人が多いから使わない」なんて考えないですよね。

Champion.ggを参考にしてチャンピオンを選ぶ人も多いと思います。それ自体は問題はありませんが、Champion.ggは結局、”使えている人が多いチャンピオン”の統計です。新しいロールを練習する際の入口としては良いのですが、1つのロールをやり続けるならこの統計は参考になりません。

簡単に使えて、勝率も高く、高レート帯のプレイヤーも使っている、少し前のキンドレッドのようなチャンピオンも稀に現れますが、そういったチャンピオンはナーフされます。

こういった質問を受けた際に私が返す回答が、

スカーナー5回使ったプレイヤーとグレイブス5回使ったプレイヤーが戦った場合は、スカーナーが勝つ
スカーナー1000回使ったプレイヤーとグレイブス1000回使ったプレイヤーが戦った場合はグレイブスが勝つ

全ての試合がそうなる。ということは当然ありませんが、グレイブスはJGを殆どやらないプレイヤーが使っても強くありません、一方スカーナーは、あまりJGをプレイしないプレイヤーでも使いやすいULTのお陰でお手軽です。

グレイブスで考えるとイメージしやすいと思います。グレイブスは非常に難しいチャンピオンで、
使いこなしているプレイヤーは殆どいません。一方スカーナーは使いこなしていないプレイヤーの方が少ないと思います。そうなると、当然統計上の勝率はスカーナーが高くなると言うことです。

こういった統計は、こういった過程の上での結果でしかない為、本当に”参考程度”といったものです。ゲームをカジュアルにプレイするなら何を使っても良いと思いますが、本気で勝ちたい、レートを上げたいと思うなら、上手い人が使っているチャンピオン=自分が強いと思っている、使いこなせているチャンピオン>統計上のチャンピオンの優先順位で選ぶ事をお勧めします。

“高レート帯のプレイヤーが使っていないけど、自分は強いと思う”といったチャンピオンは、恐らくレートが上がるにつれて厳しくなって行くと思いますが、”なぜ厳しいのか”という事を学ぶ観点からみると悪くない選択です。
参考:https://champion.gg/


PAGE TOP