Counter Jungleの利点

ジャングラーの役割はGankやCounterGankと言った認識が一般的ですが、Counter Jungleは単に敵の森を荒らすと言うだけでなく、GankやCounter Gank成功率。レーンへのプレッシャーの緩和など、様々な要因に影響します。当記事ではCounter Jungleをする事で得られる恩恵について考察して行きます。
■敵JGとのLv差、Gold差を広げる

Counter Jungleの最もわかりやすい恩恵です。敵の中立を処理することで、敵のレベリングを阻害しながらレベリングを行うことができます。ここで重要となるのは、自分がLvを上げることよりも、敵のLvを上げさせないということです敵JGのLvを上げさせないことは、単純にJG間でのLv差だけでなく、敵JGをゲームの流れから置き去りにする事が出来ます。敵JGが中立を狩れなくて困っている間にもそれぞれのレーナーは育ちます。よって、JG間でのLv差だけでなくレーナーとジャングラーのLv差にも影響します。

これは敵JGのレーンへのプレッシャーの阻害へと繋がります。もちろんJG間でのLv差も広がっていますので、JG間でのプレッシャーも与えることが出来るため、敵JGのGank成功率を下げると同時にGankの機会を減らし、森への侵入を縛ることが出来ます。JG間で一度ついたLv差は取り返すことが難しいため、かなりの時間プレッシャーを継続することが出来ます。

■Gank、CounterGankの成功率を上げる

単にLv差によるGank成功率を上げるだけでなく、敵の森へ侵入することは、敵のレーナーの後方に居座る事が出来るということです。レーンの状況は常に変化し、中立を処理しているタイミングで敵側がプッシュ状態、Gankに行く際に味方がプッシュ状態など、レーン状況とGankのタイミングが噛み合わない場面は多々あります。

敵の森、つまり敵のレーナーの後方にいることで、敵がプッシュしているタイミングでGankに行くことが出来ます。自陣の森側からですと、ワードにうつってしまうとそのままGankは失敗してしまいますが、敵の森側からだと、レーン後方への到達時間が短縮できるので、敵のプッシュ状況によってはワードにうつってしまってもGankを行うことが出来ます。CounterGankの際にも同じことが言えます。敵の後方から入れるので、CounterGankでキルを逃しませんし、到達時間を短くすることが出来ます。

■レーンへの情報の供給

敵の森へ侵入した際には、当然ワードを置きます。それ自体にも勿論大きな効力がありますが、
それはCounterJungleという観点では少し違う気がします。CounterJungleが苦手なチャンピオンでも敵の森にWardを置く事はできます。CounterJungleが得意なチャンピオンはワードを置かなくてもレーンへ情報を供給できます。

具体的な例をあげると、たとえばTOP側の敵の森を荒らしているとします。この時味方に伝えられる情報は、

敵JGに遭遇しなかった場合は、”TOP側にJGはいない=BOT側にいる可能性が高い”敵JGに遭遇した場合は、”現段階では、Gankの危険性ゼロ、その後TOP側Gankの危険有“の2つです。

特にMIDにとっては値千金の情報で、左右からのGankの危険性があるMIDですが、レーンは短いので、片方から確実にGankがこないことが分かればGankリスクが大幅に軽減されます。TOP側の森に味方JGが侵入している場合、TOP側からのGankは殆どあり得ないので、ややTOP側でのレーニングをする事でGankを回避出来ます。同時にBOT側からGankが来ても、TOP側に逃げることで、味方JGと合流することもできます。

■まとめ

以上がCounterJungleの利点です。CounterJungleが苦手なチャンピオンはこれだけの機会を失っています。レーナーがこの情報を活かせるかどうかも重要になってくるのでレートが上がるにつれて重要になって来ます。そのため低レート帯では軽視されていますが、CounterJungleが出来ないと、いつか壁にぶつかる時が来ます。


PAGE TOP