Gank Guide

JunglerのGankは最も分かりやすくリターンを獲得できる戦術です。ですが、失敗した際には敵JGに森を荒らすチャンスや、別レーンへの安全なGankチャンスを与えてしまいます。そのためGankは、数を行うよりも、確実にキルを獲得したり、明確にレーナーに有利を齎す必要があります。当記事では、SoloQで有効なGankの手法について解説します。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1
画像を元に解説していきます。
青サイド視点です。赤側でも同様なので、青サイドのみ解説します。

Aはピンクワードが良くある場所。Bはワードが良くある場所です。赤矢印は比較的成功率の高いルートです。

TOP側の赤矢印は、敵の森を通ることで、TOP側の森に敵Jungleがいるかを確認しつつ、
後方からGankを行えるため、CounterGankのリスクを軽減しています。TOP側がプッシュされている状態の場合は、Bの位置のワードは意味を成さないので無視できます。TOPがプッシュされている際にはこのルートを通りましょう。
MIDの赤矢印もTOPと同様に後方からGankを行うことができます。Aの位置にはピンクワード、またはワードが常に置かれていると考えましょう。敵は安全と思っているので、かなり成功率が高いです。競技シーンではこの位置にピンクワードが置かれることが多いですが、SoloQでは殆ど置かれていません。

BOT側は基本的に常にワードが置かれているのでGankは難しいです。ピンクワードを置くなどして視界を奪いましょう。味方SUPのデワード能力などにも影響するので、Gankに行く旨を伝えてデワードして貰うようにすれば、Jungleは顔を出す必要はなくなります。黄色矢印は、レク=サイ専用です。序盤はまずワードが置かれていないので、安全にGankが出来ます。水色の矢印はタワーダイブ専用コースです。レーン戦終盤味方がプッシュしている状況なら積極的に狙っていきましょう。レーン戦終盤でもこの辺りのワーディングは甘いので、あまり気付かれません。

■Gankを基点にしたゲームプラン

基本的にTOPとMIDから崩していく方がスムーズにゲームを作れます。先に書いたとおり、BOTはGankが察知されやすいです。(低レート帯は別)TOP、MIDはGankが刺さりやすく、Gankで得た有利をBOTへ広げやすいです。BOTから崩せるケースも当然ありますが、TOP、MIDから崩した方が合理的と言えます。


PAGE TOP