上手いソロレーナーの条件

ソロレーンにおいて、対面をソロキルすることは最も分かりやすくリターンも大きい。とは言え、ソロキルをするにはハンドスキルに大きく依存するため、ミスなどから逆にソロキルされてしまうことは、高レートのプレイヤーでも珍しくりません。加えて、レーンの勝敗はJGの動きやゲームプランに影響するため、必ずレーンでソロキルできるというわけではありません。

■CSを取る

最低限出来なくてはいけないこと。CS差をつけるだけで試合に勝てるなら、こんなに楽な事はありませんが、安定した勝率を維持するには出来て当然のこと。単純にラストヒットを取るのが上手いだけではなく、Gankから逃げれるレーン状況を維持しながらのレーニングや、ワーディングなど全てがこれに含まれます。対面にソロキルされてしまっては、CSを取る事も難しくなるため、当然ソロキルされないと言うことも含まれます。

■ロームさせない

意外とこれは出来てない人が多いと思います。具体的には、相手がロームすることによって明らかに損する状況を作るということ。分かりやすいところでいうと、タワーにミニオンが押し付けられている状況は、レーンで負けている場合は比較的CSが安全に取れる状況です。レーナーにとっては良い状況ですが、他のレーナーにとってはロームされる状況です。

Ping鳴らしたから良いと言う訳ではないという事を案外理解していないプレイヤーは多いです。MIDは頻繁にロームが起るレーンで、ロームが苦手なチャンピオンと、得意なチャンピオンのマッチアップになることも当然起ります。ロームが苦手なチャンピオンは、ローム出来ない状況を常に作る必要があり、ロームできない状況というのは、同時にロームを察知しやすい状況です。

Ping鳴らしたから問題ない状況もありますが、例えばBOTレーンがケイトリン、ナミなどのとき、相手のタワーまで押し込んでいる状態の場合が多いです。これはBOTレーンの状況だけ見ると、かなり有利な状況です。ですが、MIDがBOTにロームすることによって、察知できていたとしても、この有利な状況を一時的とは言え崩すことになります。一方タワーを押し付けている状態でロームをした相手のMIDは、特に損失もなくレーンに戻る事が出来るので、何も失わずに押し込まれているBOTレーンを助けた形になります。

■上手いレーナーは巻き返せるタイミングを知っている

これは出来ていない人があまりにも多い。論理的に考えて、五分五分の状況でソロキルをされた相手に、不利な状況で勝てるわけがありません。(100%とは言いませんが)なにが言いたいかというと、ギャンブル性が高く、ハイリスクな選択を取っていると言うことです。例えば、運悪くTOPでソロキルされてしまいました。他のレーン状況はというと、MIDは互角。BOTは勝っている。このような状況下で、TOPは、追加のキルを渡さずに、耐えて、BOTにTP→ドラゴンを取るプランを目指すべきです。勿論これはモデルケースの1つに過ぎませんが、他レーンが勝っている状況なら、そのレーンを基点にして巻き返すプランを行うべきです。同時に、負けているレーンが自分のTOPだけだとしたら、一番想定される負けパターンは、さらにTOPがFEEDし、敵JGまで介入して徹底的にTOPが潰されることです。そういった負けパターンのリスクを軽減するためにも、セーフプレイをしたほうが良いでしょう。

■全てのレーンが負けていたら?

そういう場合は、多少リスクがあってもまだ1v1で勝てるなら仕掛ける選択肢もありますが、レーン戦で耐えて、集団戦で逆転するという選択肢もあります。レーンの多少の不利は、1回の5v5で簡単にひっくり返ります。そこは、使用しているチャンピオンが集団戦向きか、レーン戦向きか、集団戦に適した構成かなどを考慮して選択すべきです。

■まとめ

レーンで負けてしまった際には、現状からの負けパターンと勝ちパターンを想定してレーン戦を続けるようにすべきです。自分1人負けている状況で、やけになって試合を落とすのは余りにもったいない。レーン戦でソロキルされることは、どんなに上手いプレイヤーでもあります、本当に上手いプレイヤーはそういった状況下からでも巻き返す術を知っています。有利をさらに広げるなんてことは、別に上手くないプレイヤーでも出来ます。不利な状況から有利な状況に変える事の方が遥かに難しく、価値のあることです。


PAGE TOP