ロームでキルが起こる原因

JGのGankを除いたキルが起こる要因はレーナーのローム。敵のMIDがロームを成功しまった場合、Gold差で不利になりロームしたサイドレーンだけでなく対面も不利になってしまいます。ロームをさせたMIDが悪いのか、ロームでキルをされたサイドレーンが悪いのか。時折口論になる場面があります。当記事ではロームが原因と対処法について考察したいと思います。


■なぜロームされてしまうのか

色々と原因がありますが、一貫して言えることは、プッシュされていることです。ロームをする側としては、一時的にレーンから離れるので、リターンを得られずレーンに戻った場合は、それだけでGold、経験値を失ってしまいます。本来ロームとはリスクがある戦術です。それが、プッシュされている場合は、ノーリスクで、試合を大きく好転させるチャンスを与えていることになります。ロームが得意なチャンピオンや、苦手なチャンピオンがいますが、苦手なチャンピオンはウェーブクリアが早かったりと、ロームに対処する手段を持っています。ロームが苦手で、ウェーブクリアも苦手なチャンピオンは弱いチャンピオンです。具体的にはMIDに適していないチャンピオンと言えます。

一番ロームが起きるタイミングがリコールタイミングです。先に相手がリコールした際に、ゆっくりファームしてからリコールしている人は良く見かけますが、ロームしてくださいといっているようなものです。リコールしないなら、リコールしていない状態で戦うことになります。大きな有利がある場合はそういった選択もありえますが、リコールタイミングは非常に重要なので意識しましょう。相手MIDにロームされて、「いや、俺リコールしてるから止めれないよ」なんて言い訳は通用しません。MIDの責任です。

■なぜロームは成功されてしまうのか

MIA報告PINGはレーンに集中しているレーナーに対しては生命線です。とはいえ、本来何処のレーンに居ても全てのレーンの状況は把握するべきです。JGをメインでやっている人は、よくあると思いますが、私はMIDをプレイしていても他レーンのMIA報告PINGを欠かしません。と言うよりも、JGのやりすぎで習慣化されてしまっています。MIA報告は生命線になる場合もありますが、ただチャンピオンがいなくなったという情報しか与えることはできないので、どちらか一方のレーンにしかロームしていないのに、TOP、BOTの両レーンを下がらせることになってしまいます。

そこで重要になってくるのがワーディングです。MIDレーナーのワーディングは、様々な役割を果たします。上で書いた、ローム先を知ることが出来ますし、ロームの察知にもつながります。当記事の内容とはそれますが、コントロールワードは前述の内容と、味方JGのGankの誘導もできます。装備よりも優先するものがコントロールワードです。コントロールワードはマップに1つしか置けませんが、複数持つことはできます。相手JGに気づかれるとすぐに破壊されてしまうので、複数持つようにしましょう。コントロールワードを置かないMIDは、サイドレーン、JGと、全てのロールのポテンシャルを下げています。

なぜ成功されてしまうのか。ですが、ワーディングによって明確な情報が伝えられていないからです。ワーディングはしましょう。

■ロームされた時に重要なこと

いくらレーンを中央付近でキープして、いつでもタワーにミニオンを押し付けれる状態にしていたとしても、物理的にロームをすることは可能です。自分のレーンを捨てて他レーンに行けばいいだけですからね。

そういった際に重要になるのが、リターンを出し切ることです。BOTを例に出すとイメージしやすいですが、SUPが突然MIDにロームしてきたとして、そのまま2v1でファームを継続しているBOTを良く見かけます。基本的に2v1では負けるわけが無いので、タワーまで押し付けてハラスで残っているADCを帰らすか、タワーダイブで殺すことが出来るはずです。MIDの場合は、前段階である、ミニオンを押し付けられている状態がそもそもリターンを出せる状況にありません。

■まとめ

ロームを100%止めるのは、当然不可能ですが、ロームされた際の対処と、明確な情報の提供が出来れば、試合全体としては有利になっていきます。MIDタワーはSoloQでも非常に重要なので、先に折るだけで大きなリードを作ることが出来ます。ロームさせない、させたならリターンを取る。ということを意識しましょう。


PAGE TOP