どっちが悪い?まとめ

SoloQで頻繁に見かける、どっちが悪い論争。その論争自体は無意味ですが、どちらが悪いかの答えは明確に存在します。当記事では、論争になりやすい事柄をまとめて行きたいと思います。


 

■BOTが敵のMIDのロームでキルを渡したので味方MIDがFeedした

MID:悪い

ロームの機会を与えてしまっている。適切なリコールが出来ていない。対面のロームによるミニオンロストなどのリターンを活かせていない。

BOT:状況による

2人いるのにロームに気づけない場合はMAPが見れていないので論外。不可能なダイブを食らった場合はMIDが全面的に悪い。

■味方JGが敵の青バフを狩っている最中に味方MIDが寄らなかったため、味方JGが死んだ

MID:悪い

常に味方JGの動きを意識したレーンが作れていない。寄れる状況を作れていない。そもそも気づいていない。

JG:状況による

敵のJGが見えていない場合。MIDがプッシュされている状態で、敵のMIDの位置が分からない状態で青バフを狩り出したのであれば、ハイリスクな行動。死んで当然。それ以外はMIDの能力が低い。

■味方JGがLv2で敵JGから襲撃されて死んだ。MIDは寄らなかった。

MID:悪くない

Lv2前後でレーンを離れることは致命的。よっぽどキルが確定で取れる場合でない限りは寄る必要はない。むしろ寄らないほうが良い。

JG:最悪

自分の身を自分で守れないJGは最悪。またはそういったチャンピオンをピックしている事が最悪。そのキルによるJGの性能差はかなり大きくなる。レーナーにまで迷惑をかける最悪のケース。

■味方JGがTOPにばかりGankに行くせいでBOTがFeedした

JG:悪くない

1つのレーンに粘着するのは最高のゲームプラン。特にTOPキャンプが決まって相手のTOPをFeedさせれていたら殆ど勝ちは手中。

BOT:悪い

回避不可能なダイブを食らうにしても、前段階で既にFeedしている事になる。TOPが勝っているなら当然敵JGはTOP以外にGankに行くので、警戒レベルを上げてレーンをする必要がある。

■キャンプされているのに味方JGが助けに来てくれない

JG:悪くない

負けているからキャンプをされている。負けているレーンには近づくべきではない。

レーナー:悪い

序盤Gankを食らう=キャンプ先の決定 JGの最初のGankは非常に重要。回避するだけで味方JGにかなりのアドバンテージを与えられる。

■味方JGが青をくれないのでFeedした

JG:悪い

青を渡すことは、レベルの差や、ウェーブクリア性能の向上。それによるロームのチャンスを作る。など活かせることが非常に多い。

MID:単純に下手

青を貰わなくてもFeedはしない。

■ドラゴンを狩っているとき、JGがスマイト勝負で負けてドラゴンを取られた

JG:状況による

明らかに舐めたスマイトを使った場合などは全てJGのせい。外の視界が取れていない状況や、デワードが出来ていない状況であればスマイト勝負は外、中関係ない、単純に運

SUP:悪い

火力が出せないので殴ってもあまり意味がない。敵JGの妨害に回るべき。

■味方がバロンコールしたのでついて行ったら全滅してそのまま負けた

コールした人:状況による

味方の寄りが遅かった場合や、戦闘で大きなミスがあった場合はしょうがない。しょうがないで負けに繋がる行動なので、慎重にコールするべきではある。

その他の人:悪魔

反論もせずについて行ってダメだったから文句。

■Feedしたら暴言で煽られたので腹いせにTrollしてやった

煽った側:悪い

Feedしているとは言え、煽ることでその味方が強くなることは無いので無駄な行動。

煽られた側:最悪

Feedしている事で怒る人がいるのは当然。自分の弱さを棚に上げて被害者面する最低の人間。ネットゲームをするべきではない。

■Riotのせいで頻繁にゲームから落ちて味方に怒られた

Riot:悪くない

悪いわけがない

落ちている人:悪い

環境を整えよう。味方に迷惑が掛かります。


PAGE TOP