サポートのリコールタイミング

レーン戦におけるサポートは、ADCがファームできる状況を維持する事が第1で、そこから初めて対面をキルする、MIDへロームするといった選択肢に続きます。当記事では、サポートの適切なリコールタイミングについて考察していきます。


一番無難なリコール

対面をキル、またはリコールさせ、タワーまでミニオンを押し付けてのリコールは、一番良く見かける光景です。これはADCと同時にリコールが出来るので、ADCをレーンに孤立させることがない、適切なリコールタイミングの王道と言ったパターンです。

ADCを先にリコールさせるパターン

序盤の2v2でADCだけがヘルスを大きく失い、SUPはレーンに残る余裕のポーションを持っている状態。BOTレーンは2人で経験値をシェアしますので、どちらかがレーンに残っている状態であれば、全体としての経験値のロストはないので、それほど痛手ではありません。こういった状態では一緒にリコールをせずに、経験値をロストしないようにしましょう。ここで重要となるので、SUPだけ残っている状態のレーンに、ADCが合流した際に、SUPはリコールする事になる場合が多いですが、このとき、ADCと一緒にレーンをプッシュしてからリコールすると、プッシュ状態のレーンにADCを孤立させることになってしまうので、プッシュせずに、ADCが合流する手前辺りでリコールをしましょう。

プッシュするには時間が足りないパターン

対面がリコールしている状況で、本当ならタワーまでミニオンをプッシュしたいところですが、時間が足りないといった状況。ここでADCと一緒にプッシュしてしまうと、ややプッシュ状態の状況になってしまい、装備を整えた対面と戦うか、二人同時にリコールするかしか選択肢が取れません。こういった場合は、レーンにADCだけを残し、先にリコールする事で、レーンに誰もいないといった状況を回避できます。レーンをプッシュできないということは、レーンがプッシュされている状態なので、ADCがGankを食らう心配もそれほどありません。

プッシュするには時間が足りないパターン2

上記ではリコールという選択肢を取っていますが、ここは絶好のロームチャンスです。ADCをレーンに残し、SUPはMIDへローム。ローム後SUPはリコール、と同時にレーンのADCがリコールをしてくれれば、同時にレーンに戻ることが出来ます。

まとめ

ADCは基本的にレーンで孤立すると死にます。SUPが来るまでタワー下で待機していろ。と言われれば、その通りですが、その時間帯は、SUPが適切でないリコールをしたため、経験値、ゴールドをロストしている状態です。ロームをすることでそれ以上の貢献が出来ている場合もありますが、基本的にはADCが孤立しない状況、または孤立しても問題ない状況でリコールすることが重要です。

 


PAGE TOP