集団戦前のセットアップ

LOLでは基本的にオブジェクトの奪い合いを起点として戦闘が起こります。そのため、取れるオブジェクトがない状況では試合が硬直する場合があります。その時間が短かろうと、長かろうとやっておくべきことが明確にありますので、当記事ではオブジェクトを起点とした戦闘に備えたセットアップについて考察していきます。


装備を整える

硬直状態のときにやっておくべきことと言うよりは、オブジェクトが沸くタイミングで装備が整っている状態になるように意識しましょう。目安としては、ドラゴンなどが沸く30秒前には完了して、オブジェクト周辺にスタンバイしている事が理想的です。そのため、オブジェクトが沸くタイミングごとを、1ラウンド、2ラウンドと言ったような意識を持って、変に欲張ってファームをせずに、前段階の装備までしか買えないとしても、ファームを切り上げる意識を持ちましょう。

視界を確保する

オブジェクトそのものに対しての視界確保は当たり前で、そのオブジェクトの道中にワードを置くことが非常に重要です。オブジェクトにワードがあったとしても、そのオブジェクトを狩っているかいないか、といった情報しか得られません。この時欲しい情報は、”敵チームがオブジェクトを狩る意思があるか”と言ったことです。さらに敵が通る道中にワードを置くことで、安全にオブジェクトの範囲内に入ることが出来ます。

レーンをプッシュ状態にしておく

これが一番重要です。なぜ重要かというと、第一にオブジェクト争奪時は睨み合いになる事が多く、その間にミニオンがプッシュしてくれる状況を作っておけば、相手チームの1人を処理に向かわせることが出来ます。その時点で人数差を作ることができているので、有利に戦闘を行えます。第二に、ポークが綺麗に決まって、相手を撤退させられる場合もありますが、基本的に5v5の戦闘になります。戦闘に勝利した場合は、そのオブジェクトの取得と、プッシュ状態にしておいたレーンのタワーを取る事が出来ます。プッシュ状態にしていなければ、タワーは取れない事が多いです。逆に戦闘に負けてしまっても、プッシュ状態にしておけば、タワーの被害を最小限に抑えることが出来ます。

まとめ

LOLはオブジェクトを起点として戦闘が起こるため。戦闘以外の時間は、その戦闘に備えての準備期間です。その期間に、単純にファームをして装備を揃えるだけでなく、戦闘終了後に選択肢を増やす準備も非常に重要です。これが出来ていないと、試合が無駄に長引き、折角得た有利を時間経過と共に消失してしまいます。


PAGE TOP