ADCのタイプからみる意識する点

newama_0_0

ADCは集団戦の要で、集団戦でダメージを出しオブジェクトに繋げるといった事が主な役割です。ADCにはチャンピオンごとにタイプがあり、意識する点が異なります。当記事では、ADCにとって重要な要素と、それを活かす方法をチャンピオンの例を挙げて考えて生きたいと思います。


ルシアン

lucian_0

レーン戦が非常に強く、Tank系SUPとも相性が良いチャンピオン。レーン戦、1v1が強力ですが、集団戦ではキャリー系ADCには火力で劣るため、序盤のレーンフェイズでどれだけ有利を作れるかが鍵になります。

エズリアル

ezreal_0

涙を積む都合上、パワースパイクが遅れる点がネック。コアアイテムが完成した場合は、1v1、ポーク、なんでもこなせる超強力チャンピオンになります。弱点はファーム速度が遅いため、ファーストタワーを渡してしまうと、他のレーンに大きく負担をかける点です。レーン戦で強力なQを活かして、どれだけファーストタワーを渡さないかが非常に重要です。先にタワーを取った場合は、高性能ブリンクのおかげで強気に立ち回れるため、ファーストタワーを先に取る、あるいは守ってコアアイテムの完成に繋げる。ということを意識しましょう。ヴェインなども同様にファームが遅いため、早い段階でタワーを渡してしまうと他のレーンに大きな負担をかけることになります。

ジンクス

jinx_0

ハイパーキャリー系のADC。集団戦の火力が非常に高く、1度キルを取ればMSが急激に上昇するためピールを必要としない、集団戦に特化したチャンピオン。レーン戦は基本的に苦手で、SUP依存になりやすいチャンピオンですが、ファームが非常に早いため、時にはタワーを渡してしまっても味方に負担を掛けにくい特徴があります。レーン戦は苦手、集団戦は得意なチャンピオンなので、時にはタワーを渡す選択肢を取る事も出来ます。先に書いたとおり、集団戦での火力が非常に高いため、レーンでFeedしなければファーム速度+集団戦での火力で簡単にキャリーすることができます。レーンを五分で終わらせれば必然的に有利になるため、守備的な立ち回りが意識できれば、SoloQではキャリーしやすいチャンピオンです。

アッシュ

ashe_0

エンゲージに特化したADC。意識する点はLv6を先行してのULT。Lv6になる時間帯は、BOTの勝ちでドラゴンにつなげやすい時間のため、一手で大きなアドバンテージを得ることが出来ます。ULTを取得したタイミングでポテンシャルが急激に上昇するADCは少ないため、Lv6になるタイミングを意識していこう。

ケイトリン

caitlyn_0

レーン戦でのゾーニングが得意なチャンピオンメイジ系SUPと組んだ場合は一方的にハラスをし続ける事が出来る。特徴を挙げればハラスに特化したチャンピオンですが、当記事的な観点からみると、パワースパイクが特殊なチャンピオンです。レーン戦は強いので、一見パワースパイクは序盤にあるように思えますが、実は真価を発揮するのは後半の、ハイパーキャリー系チャンピオンです。レーン戦ではタワーを先に折る性能は高いので有利を作れますが、その時点では装備は貧弱なため、集団戦であまり火力を出せません。タワーを折る事は可能ですが、ゾーニングを活かしてあえてタワーを折らずに敵のADCにファームをさせないといった選択が活きる場面もあります。一番意識する点は、序盤タワーを先にとったからと言って、throwをしないということ。タワーを取った段階ではまだパワースパイクを迎えていないことが殆どです。

まとめ

ADCがまず重視すべきがパワースパイクや活躍できる時間帯はどの辺りか、ということです。ジンクスなどのチャンピオンを使って、ルシアンに対して強気な動きをとらなくても、五分五分で進めば必然的に有利は広がっていきます。逆にルシアンはレーン戦で差を作らなければ、後半失速してしまうため、相手が強気に出てくれることを望んでいます。チャンピオンのファーム速度から判断してタワーを守る守備的な守りをするか、リスクをおかしてでも攻撃的な立ち回りをするかなどといった事も重要な要素です。


PAGE TOP