レーン戦終了後のBOTレーンの立ち回り

jhin_0

BOTレーンのタワーが1本消失した場合は、折った場合、折られた場合のどちらでも全体を通しての状況が大きく変わります。当記事では、BOTレーンのレーン戦終了後の立ち回りについて考察していきます。




タワーを折った場合

aai

タワーを折った場合にまず起こることは、ミニオンを進行させられるようになるため、対面のBOTレーナーをレーンの奥に拘束することができるようになります。青矢印のようにミニオンをプッシュすることで、BOTレーナーの位置情報を知りつつ、奥に拘束できるため、SUPが敵ジャングル内に侵入しやすくなり、①、②の地点にワードを置くことで、緑の円の中に敵JGやMIDが侵入してきてもすぐに気づけるため、安全地帯を作ることができます。

この安全地帯を活かしてすべきことは、ADCを残してSUPがロームする事です。レーン戦ではSUPはADCを守る役割があるため、離れることは難しいですが、タワーを折った場合は画像の様な状況を作ることができるため、殆どノーリスクでロームが出来ます。

ADCは敵のタワーがあった位置辺りまでなら安全にファームが出来ますが、それ以上は視界が在るとは言え危険です。それ以降までミニオンをプッシュした場合は、SUPと一緒にMIDへ圧力をかけましょう。そして、また敵のBOTがプッシュしている状態になったらBOTに戻る。これを繰り返すことで、有利を広げる事が出来ます。

ここで意識する点は、SUPはいなくてもADCが安全にファームできる状況をワーディングで作る。ことと、ADCがBOTに戻るタイミングを見逃さない。ことです。BOTレーンは経験値をシェアしているレーンなので、SUPが離れた場合でもADCにその経験値の全てが渡るだけなので、全体としての経験値のロストはありません。また、ADCがレベル先行することは、チーム全体のダメージの増強と、ADCがキルされにくい状況を作れるため、非常に効果的です。

タワーを折られた場合

aai

タワーを折られた場合は基本的に不利です。タワーを折った場合の状況を作られない様に立ち回り、隙をみてタワーを取りに行きます。まず重要なのは、BOTの奥に拘束されない状況を作ることです。①、②の地点にワードを置いて、まずはADCが単独でもファームできる状況をつくります。自陣のタワーがあった辺りまでは安全にファームができるようになるため、MIDへのカバーが可能になります。③のワードは敵SUPのロームでMIDがやられてしまわないためのワードです。BOTの奥にADCとSUPがいることが相手に知られてしまうと、MIDがダイブされて壊滅させられてしまうため、SUPはMIDによるか、MIDにいつでもよれる状況を作っておきましょう。

意識すべき点は、レーン限界までプッシュして、相手のBOTがBOTレーンに戻らないといけない状況を作ること。これによって、MIDへの負荷が軽減できます。もう1つは、相手がBOT以外の場所でアクションを起こした場合に、相手のBOTタワーとのトレードを行うことです。どちらも一貫して言えるのは、常にある程度プッシュ状態を作っておかなければならないということです。④のワードは、相手がアクションを起こした際にSUPが置けるならばおきたいワードです。

まとめ

早い段階でタワーを折る事が出来た場合には有利に立ち回ることができ、折られた場合は不利になり他のレーンにも負担をかけてしまいます。ですが、立ち回り次第で、軽減。または有利を継続して広げる事ができるので、なんとなくファームをするのではなく、最善の選択が出来るように意識しましょう。

 


PAGE TOP