メインロール別おすすめサブロール

SoloQにおいて、ロールやチャンピオンを絞ってプレイする事はレート上げにも、ゲームの理解度を上げる点でもおすすめです。当記事では、ロール別に、おすすめのサブロールを紹介したいと思います。

TOPのおすすめサブロール

JG

TOPレーンではJGのGankがあるかないかで、勝敗が分かれるマッチアップが非常に多く存在します。TOPをメインロールとしている場合、このマッチアップの理解度が高いためJGをプレイした際にはTOPからゲームを作る選択をする判断材料を多く持っています。JG側の視点からみても、JGがTOPへのGankに成功した際にBOTに有利を広げてくれるTOPの存在は非常に大きいため、それぞれのロールを練習する事はTOPを起点としたゲームプランの理解を深めることになるためです。

MID

TOP同様ソロレーンです。MIDでライズや、少し前のメタだとブラッドミアを使用していた場合は、TOPでも使用できる場合が多いためキャラ熟練度を向上させやすいためお勧めです。

JGのおすすめサブロール

TOPまたはMID

強いて言えばこの2つのロールですが、JGは他のレーンと役割が大きく異なるため、極力専念した方が良いロールです。TOP、MIDはJGのGank先になりやすいレーンのため、触れておいて損は無いでしょう。

MIDのおすすめサブロール

ADC

MID同様、打たれ弱くCCを食らうと一瞬でやられてしまうため、ミスを減らすことが要求されるロールです。そういった意味では意識が一貫しています。カシオペアやライズなど強力なメイジを使用する際にはADCで培われたクリック精度が活きる場面は多いです。

JG

MIDはJGが敵の森へ侵入している際に対面のMIDを援護に行かせないなど、JGの行動を阻害するものから守る役割があります。MID付近の川で戦闘が起きた場合、または置きそうな場合に、すぐに寄れるMIDはJGに大きな助けとなります。JGをプレイする事で、JGの位置を想定した立ち回りを常に意識する力でつきます。

ADCのおすすめサブロール

MID

MIDのサブロールと同じ理由のため割愛します。SUPを練習する事でBOTレーンの知識が深まりますが、SUPをサブロールにした場合は殆どSUPになってしまうためおすすめしません。

SUPのおすすめサブロール

ADC

強いて言えばADC。ADCのチャンピオンの理解を深めることはプラスに働きます。SUPメインでプレイする事で、味方のSUPのやりたいこと、ADCがこう動けば、SUPは動きやすいなど、SUPメインでのプレイで培った感覚を活かしやすいです。

SUPの利点はなんといっても不人気ロールのため、殆どの場合SUPでプレイすることができることです。次点でマッチングが早い。この2つともLOLを効率的に練習する上では非常に重要です。SUPメインの方はSUPの事だけ考えておいて問題ありません。


PAGE TOP