自陣ジャングルでのファームは最大の悪手

ジャングラーが自陣の森でファームをする事は当たり前の行動ですが、それは中立を殴っている最中に襲われるとまず勝つことのできない最序盤限定のことであり、極力自陣でファームを行うことは避けるべきです。当記事では、その理由について考察したいと思います。


■なぜ自陣の森でのファームは悪手なのか

慣れていないJGのイメージでは自陣の森でのファーム=プラスマイナス0の行動というイメージを持つ方が非常に多いと重います。レーナーに置き換えると、お互いに仕掛ける事に特化していないチャンピオン同士がCSを取り合っていると言った状況のイメージだと思います。ですが、それは全く違う考えですし、危険な考え方なのでJGを上達していないのであればすぐに捨てるべきです。その考えを持っている限り永遠にJGは上手くなりません。それでも勝ててるよ。という方はいるかもしれませんが、勿論勝てます。味方が強ければ。レーナーが強ければJGは動きやすくなるため、必然的にスコアも良くなります。ここで自分のお陰で勝てたと勘違いしないようにしましょう。

話を戻しますが、”お互いに仕掛ける事に特化していないチャンピオン同士がCSを取り合っていると言った状況”は違うと書きました。実際には”対面がロームしているのにCSだけ取っている状況”という認識を持ちましょう。実際にこのときJGが何をしているかは分かりませんが、MIDもレーンから消えたからと言って、自陣のラプターを狩っている事がありますよね。それと同じ認識です。このロームしている状況下で、悠長にCSを取っている行動が如何に他のレーナーを苦しめるかはイメージしやすいと思います。

例えばあなたが敵の森へ入ることが難しいチャンピオンを使っているとして、自陣も森を使わずに敵も森へ入ってファームしろといわれても、それは残酷な話と考えるかもしれませんが、実は違って、敵の森へ入ることの出来ないチャンピオンを選択する事がそもそも悪手です。それだけJGというロールはチャンピオンの持つポテンシャルが重要視されるロールです。

■敵の森を荒らす恩恵

敵の森を荒らす事が重要と言っても、なぜ重要なのかということを理解しなければ、その恩恵を活かすことは難しいと思います。敵の中立を奪う事で、自陣の中立と合わせて経験値が倍になる。という考えを持っている方は全く間違いです。

正解は、敵の森を荒らす事で、敵のJGの経験値を失わせJG間での経験値差をつくり、敵JGがコチラの森へ入ることも、Gankする事も難しくさせることができる自分の経験値を増やすというよりも、相手のJGを下ろすという考え方です、一度JG間で経験値差がつけば、相手のJGの行動は全てリスクの高い行動になります。

敵の森を荒らす恩恵は他にもあります。それはやはりGankやカバーで迅速に行える点で、自陣の森から行くよりも敵の森からGankに入る方が成功率が高く、Gankに失敗した敵JGを挟み撃ちにする事も出来ます。このように、自陣の森でファームすることは、こういった機会の損失にも繋がるため、極力避けるべき行動なのです。

■自陣の森でファームするタイミング

余程やる事が無い状況でなければ、基本はしませんが、Gankのリコール前のゴールドの調整などに行います。自陣の森を中心にファームをする状況はJG間で負けていて、自陣でしかファームができない状況だけです。負けているジャングラーが取る行動という認識を持ちましょう。


PAGE TOP