意外と知られていないJGの立ち回り

JGの仕事は、CounterGank、Gank、CounterJungleこの3つが主ですが、実はちょっと意識するだけで、チームを有利にする事ができる立回りがいくつからあります。当記事ではそういったちょっと意識しておくとプラスになる知識を紹介します。

■負けているレーンを帰らせる

Gankをしようにも、レーナーの体力が少なくGankをしても返り討ちに合うシーンは良くあります。特に序盤のBOTレーンはこういった状況になりやすく、そういう状況になっているBOTレーンはレーンを押し返すマナも残っていないことが多いです。そういった状況で、Gankをするのではなく、一3v2の状況を作って相手がハラスできないレーンにし、レーンをプッシュ、レーナーを帰らせて不利をリセットする戦略が有効です。この時にJGも経験値を得られるため、JGに取っても悪くないリターンが取れます。

■MIDのロームによるミニオンロストをカバーする

JGがTOP側でファームしている状況で、MIDがBOTへロームした際に、空いているMIDにJGが入ることで、チーム全体としての経験値ロストを防ぐ事が出来ます。こういったローテーションの考えはSoloQではあまり意識されていないため、意識しておけば他のプレイヤーと差をつけられるでしょう。

■赤チームTOP側ラプタースタート

最近は頻繁に見るようになってきたラプタースタート。ラプターを狩り、敵の青バフを奪ったり、序盤から敵の森を荒らす戦術を取る際に用いられます。この時注意したのが、欲張ってそのままウルフや蛙を取りに行くと、敵に囲まれてしまいやすいです。この青バフスティールが有効な理由としては、現状の主なJGルートが、赤バフ→ウルフ→青バフだからです。つまり、敵の森の青バフを勝っている際に敵はウルフを狩っているため、予め警戒されていない限り、気づかれることは殆どありません。事前に敵のスタート位置を知っておくために敵の青バフにワードを指しておくと成功率を上げる事が出来ます。


PAGE TOP