リコールを減らして差をつける

caitlyn_0

リコールと言う要素は、特に重要視されていない要素のひとつですが、無闇にリコールしていては、様々な場面で不利になっていきます。当記事ではリコール回数を減らす事の重要性について考察していきます。

■経験値ロストを防ぐ

レーン戦をイメージしてもらえれば分かりますが、ハラスを多く受けて頻繁にリコールを共用されてしまうと、経験値をロストしてしまい、レベル差に繋がります。序盤から中盤にかけては、ゴールド差よりもレベル差の方が取り戻し辛く、ソロキルをするチャンスなどは殆どなくなってしまいます。さらに、TOPがリコールしてしまうと、JGはTOP側の敵の森へ入り辛くなるなど、JGの動きにも制限が掛かります。

■中盤以降の危険なリコール

正直なところ、上で書いたレーン戦のリコールは重要ではありません。なぜならレーン戦でリコール回数が増えることは、単にハンドスキルの差に寄るものなので、当記事のテーマとは少し離れています。レーン戦が終わり、ファームする場所も減ってくる中盤。この時戦闘が起こるのは、ドラゴンや、バロンを争奪するタイミングです。バロンやドラゴンが沸く時間にはリコールを済ませ、装備を整えておくことが重要です。

ここまでは誰でも知っている事。ここからが本題です。バロンやドラゴンが沸く時間までに何をやるべきでしょう。ファームも勿論重要ですが、バロンの1手で勝敗が決まるような状況になると、1ウェーブ程度のゴールドを得たぐらいでは何も変わりません。さらに、バロンの1手で勝敗が決する事は相手もわかっています。当然バロンの準備をします。

バロンの準備とは視界を取る事と、反対側のレーン、つまりBOTレーンをプッシュウェーブにしておくことの2点ですが、視界を得ることがより重要です。というよりも、視界を維持すると言ったほうがいいかもしれません。この時間帯になるとSUPがゲームを理解していれば、お互いにバロンの視界を取り、逆に相手の視界の消去を行います。そのため、バロンが沸く前にも、味方のSUPが捕まる、または、相手のSUPを捕まえるといった具合に戦闘が始まる可能性があります。この時、MAPに居座っている事が重要になります。具体的に言うと、味方のSUPが捕まっても近くに味方がいればカバーが出来ますし、相手のSUPを捕まえても近くに味方がいなければ倒しきることは難しいです。そのため、MAPの滞在時間は、そのままこういったキャッチからのオブジェクト取得へのチャンスを得る可能性に等しいです。さらに、後ろに複数の味方がいるSUPはドンドン視界をとりに行くことができますが、後ろに味方がいないSUPは視界をとりに行くことができません。結果味方が近くにいたSUPの方が有利な視界を維持することが出来ます。

こういったことが起こる理由は、リコールタイミングがバラバラなことにあります。例えば、バロンがあと2分で沸く状態です。すぐに視界を取る必要はありませんが、徐々に視界を取って起きたい時間帯ですね。このときに、1人がリコールし、戻ってくる。そのタイミングで1人がリコールして戻ってくるを繰り返すと、MAPに5人揃っていない時間が増えてしまいます。重要なのは、MAPに5人が揃っている状態を維持し、リコールタイミングをそろえることで、揃っていない時間を減らす事です。5人揃っているということが重要なので、3人も4人も戦闘が行えないという状況は同じです。

■バロン取得後の危険なリコール

バロンバフを取得し、全員でタワーを狙っていく時間に、アイテムが買えるからと、30秒程度ファームをして合流と言った立ち回りをする人は結構いますが、危険なのでやめましょう。バロンバフを取得して、そのまま無理なプッシュをしてグループして無い状態で戦闘開始→バロンバフが無駄に。と言うことは誰でも経験したことが有ると思います。原因は勿論先行し過ぎたチームですが、この時、残り1人が早々にグループしていれば防げた事故でもあります。

■まとめ

SoloQは様々なことがおきるため、相手のミスの取り合いになる事が多いです。そういったミスや事故は、グループ出来る状況や、MAPに全員揃っている状態を維持する事でケアする事が出来ます。そういった事故が起きる際にはもちろん決定的な原因となるプレイヤーがいますぐ、前提として、SoloQはそういった事故が頻発するゲームなので、それをケアする意識は常に持つべきです。

 


PAGE TOP