SoloQで最も腕の差が出るタイミング

オラフ

SoloQは味方運が試合の結果に出る場合が非常に多いゲームです。その中で、明確に上手い人下手な人を分ける最大の要因が存在します。当記事では最も腕の差が出るタイミングについて解説していきます。

■負けている時こそ腕の差が出る

レーン戦は安定して勝てれば勿論それに越したことはありませんが、各上の相手や、不利なマッチアップ。執拗な敵JGからのGankなどによって負けてしまうことはどんなに上手いプレイヤーでもあるでしょう。そんな中で微負の状態を維持してレーンフェイズを終えることは重要であり、試合の結果にも大きく影響します。レーンフェイズで味方からGankを大量にもらいレーンで勝利。その有利を維持してレーンフェイズを終えることは誰でもできます。ですが、不利な状況から有利な状況に盛り返す事は上手いプレイヤーにしか出来ません。下手なプレイヤーは勝ち筋を見いだせず、不利な状況下でさらにリスキーな行動を取ってしまい、相手に有利を与え続けてしまいます。

■トレードの概念を理解する

以上に書いたような行動を取ってしまう理由として、トレードの概念を理解していないことが要因だと考えられます。単純にソロキルをされ続けているようなら、単純にFeedしているだけなので、「落ち着いてレーン戦の練習をしましょう」としか言えませんが、レーンフェイズにおいて敵JGから執拗なGankを食らっている場合にはこのトレードについて意識すると良いでしょう。

例えば敵JGがTOPにGankしたタイミングで、味方JGがBOT側にいればなんらかのトレードをする行動を取ります。BOTにGankをしたり敵の森を荒したりですね。つまりTOPでGankを受けることはBOTへの安全なGankチャンスを味方JGに与えていることになります。この時TOP側でGankを回避し、BOT側でGankが決まればチームとしてはプラスということになります。敵JGのGankすることは、プラスマイナス0ではなく、チームとしては大きなプラスに働きます。

さらにこの考えを押し進めて考えてみます。相手JGがTOPにGankを成功させ、味方JGがBOTにGankを成功させました。この時、相手JGは「負けているBOTレーンは危険なので、勝っているTOPを中心にゲームを作ろう」と考えます。つまりTOPレーンは敵JGのキャンプ地になり、BOTは味方JGのキャンプ地となっているわけです。「敵のJGは何回もGankに来てるのに味方JGは来ない!」という現象はこのように出来上がります。TOPはこうなった場合辛いレーン戦になるのは当然ですが、逆に相手のGankの多くを回避できた場合は、その間にBOT側で試合が有利に進んでいるため、チームとしてはプラスの状態になります。

■相手を倒す事だけがキャリーでは無い

相手JGがTOPから崩すゲームプランを取った場合、TOPでは対面に勝つことは殆ど不可能でしょう。ですが、相手のゲームプランを読み、ゲームプランを崩す行動が取れれば、BOT側で有利な状況が生まれます。最初に書いた通り、味方にGankしてもらってキャリーすることは簡単です。スコア的にはBOTがキャリーですが、TOPで不利を広げず耐えたプレイヤーの方が、よっぽど高度なプレイをしたと言えます。

TOPにGankが集中しているのにBOT側が負けた?そういう試合もあります。ですがTOPが耐えることで勝ちに繋がる試合もかなりの数あります。相手のゲームプランによっては、BOT側にGankが集中する場合ももちろんありますが、ワード量などの関係で、一番標的になりやすいのはTOPです。

■まとめ

敵JGのGankが集中して、味方のGankが来ないのはJGが最善の戦略を取った結果です。この時にやけくそになってリスキーな行動を取っては、相手の思う壺なので、冷静になって相手のゲームプランを意識しながらレーニングを行いましょう。一度Gankが決まったレーンは、フラッシュもなく、レーナー間で差がついているため、Gankが再度来ることは当たり前の事です。


PAGE TOP